忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 10:35 】 |
テニス バックハンド 打ち方 両手・片手


みんなと同じ練習をしているのに、自分だけ明らかに上達スピードが遅かったとしても、
開いていた実力差がどんどん埋まっていき、短期間で追い抜いてしまう練習法がこちら











あなたも、↓のようになりたいと思いませんか???







■ボールに思い通りの回転をかけることができる

■勝ち方が身につく

■ボールに即座に反応できるようになる

■上級者やプロ選手のフォームを理解できるようになる。










しかし、実際はというと、パートナーの足を引っ張ってばかりで、

↓ような状態ではないでしょうか。






■体力的に上達の限界を感じる

■試合で普段通りの プレーをするなんて無理

■問題点は把握しているか改善方法が分からない

■練習は時間ばかりを浪費している気がする














あなたが今、どんなやり方でテニスの練習をしているのかはわかりませんが、

思うように上達していないのであれば、それはレッスン方法を間違えている可能性が非常に高いです。


才能がないとか、能力や体格が劣っているとか、そういった問題ではなく、

テニスのスキルは、練習の進め方さえ間違えることがなければ、10日ほどで驚くほどアップさせることができます。











試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~という、レッスンDVDを発表している右近貴志さんは、

これまでに1000人以上を指導してきたコーチ歴20年のキャリアを持つ人です。





プレーヤーとしても一流の実績をあげており、ベテランJOPランキング35歳以上ダブルス1位というタイトルのほか、

毎日オープン選手権、全日本ベテランテニス選手権などで連覇するほどの実力も兼ね備えています。
右近さんの詳細な実績やプロフィールはこちら








右近さんのレッスン内容は、決してスパルタ式の練習ではなく、

体格の小さな小学生でも、体力のないお年寄りでも、体に負担をかけることなくスキルアップしていくようになっていて、

10日という短期間で、全てのカリキュラムを実践できるようになっています。


高い位置から見下ろす視点からの解説や、コート上での動きやボールの軌道などをわかりやすくまとめられていて、

擬音を使うことなく動きを言葉にして丁寧に説明されているのが特徴です。










右近貴志さんの試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~では、

具体的にどんなことをしていくのかというと、 こちらに詳細な説明がありますので、

内容を整理してポイントをあげていくと、








■有利な展開で始めることができるサーブを打ってファーストボレーをフォアボレーにする戦略

■サービスゲームにおけるキープ率を高めるための戦術・戦略

■ネットや大きくアウトしないでスライスを打つためのイメージ

■体が開かないようにスマッシュを打つ方法








こうした内容となっていて、右近貴志さんのホームページには、実際にこの練習メニューに沿って、

トレーニングをしてみた人たちの体験談が紹介されています。







ずっと悩みだったスマッシュの打点ですが、 上に挙げた左手の左側でボールを見るというアドバイスがすごく役に立ちました

基本ができてこその応用が実践が可能になることを教えてくれたDVDです。

打球方向のイメージをつけやすくなりました。

しっかりとした技術解説をベースにイメージの大切さ、持ち方を視聴者により分かりやすく説明しているところが、自分のテニスに取り入れやすく、とても参考になりました。









こうした声にあるように、

ダブルス上達の2つのポイント


・サービスゲームにおけるキープ率を高めるための戦術・戦略

・リターンゲームにおけるブレイク率を高めるための戦術・戦略



をできるだけ早い段階で身につけているかどうかが、あなたの上達を大きく左右します。


あなたも、パートナーと自分の動きの関係をどんどん理解できるようになり、試合を有利に運べるようになります。














ハードな練習を毎日のように続けることなく、短期間でダブルスで勝つテクニック・スキルを身につけるにはこちら











センター試験勉強法
城彰二ゴールからの逆算
にきび 跡 消す

ダイエット

PR
【2012/05/28 08:16 】 | テニス フォアハンド 打ち方のコツ
| ホーム |